「LIBERA.blue デモ可視化プロジェクト」をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

 ご利用の皆様に対し、お詫びしなければならないことと、当サイトの機能追加について、ご連絡致します。

【お詫び】サイトを利用できなかった問題について

 具体的な時期は不明ですが、少なくとも1ヶ月以上の間、管理者を除く登録ユーザのどなた様も、ログイン後であっても非ログイン時同様のサイト閲覧程度のことしかできない状況が続いておりました。当サイトの目玉である、イベント登録機能につきましても、ご利用いただくことができませんでした。

 原因は、特定のスパム対策WordPressプラグインとの相性問題で、当サイトの管理画面を正常にご利用いただけなくなっていたことによります 1)しかし管理者ユーザだけは通常通り扱えたため、気づくのが大幅に遅れておりました

 よりによって国会最終盤のこのタイミングまで、この問題に気づかなかったことにつきまして、誠に申し訳ありませんでした。

【お知らせ】機能追加について

 今回、遅ればせながら、当サイトにもいわゆる2段階認証の仕組みを導入致しました。

 利用している仕組みは、「Google 2 段階認証プロセス」と同じものです。

 毎回ログイン時に、スマートフォン上で「Google 認証システム」もしくは互換アプリを用いてワンタイムパスワードを受け取り、それをブラウザ上のログインフォームに入力することで、通常のパスワード認証以上にセキュリティを高めるものです。当サイトでは、「Authy」のご利用を推奨します。

 なお、Twitter認証経由でログインする場合、2段階認証機能は不要です(設定しても無視されます)。

 パスワード入力によるログインをおこなっている場合、当サイトにログイン後、次の設定をおこなうことで、ログイン時の2段階認証が有効となります。

  1. 管理画面の左サイドバーから「Two Factor Auth」を選択します。
  2. 画面内にQRコードが表示されますので、スマートフォンの「Google 認証システム」もしくは互換アプリで読み込みます。
  3. 読み込みに成功しましたら、QRコードよりも上側にある「Activate two factor authentication」の設定を「Enabled」に変更し、「変更を保存」ボタンを押下します。
  4. 一度ログアウトしてから、再度ログインをお試しください。通常通りユーザ名とパスワードを入力したあと、「One Time Password (i.e. 2FA)」という入力欄が現れますので、認証アプリから通知される6桁のワンタイムパスワードを入力します。成功すると、管理画面に移動します。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
To report this post you need to login first.

References   [ + ]

1. しかし管理者ユーザだけは通常通り扱えたため、気づくのが大幅に遅れておりました

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください